プロジェクトマネジメントのポイント

f:id:gcode-offshore:20200712210943j:plain

 

GCode編集部です。

今回はPM(プロジェクトマネジメント・プロジェクトマネージャー)についてまとめました。

GCodeではお客様に完成した状態で製品をお渡ししますが、しっかりとプロジェクトマネジメントをした上で納期に遅れないよう、また品質を高めることを意識しております。

規模が大きくなる案件では非常に重要となってくるPMについて整理をしました。


プロジェクトマネージャーとは

効率のよい開発のために、プロジェクトには通常プロジェクトマネージャーがつきます。

開発は集団で行われるので、作業を適任な担当者にアサインし、それをスケジュール内で完了するようにマネジメントする必要があります。

案件の規模が大きくなるとあれこれやらないといけないし、内部や外部との調整も必要です。

無事にリリースまで取り仕切る役割を担うのがPM(プロジェクトマネージャー)なのです。

キックオフにはじまり、タスクを把握しスケジュールを立て、人のアサインとやることがあります。

PMにはリーダーシップが求められると同時に、物事を整理する能力が必要になります。

プロジェクトを成功させるためにPMの抑えるべき点を理解しましょう。

 

リリースするためにやること

仕様をもとに、計画をまとめることから始まります。

計画にまとめるときにどのようなことをするか、GCodeでは以下の方法をとっております。

 

1.タスクを細分化する

GCodeでは環境構築、APIとフロント大まかに担当者が分かれております。

それぞれの担当者で必要な作業を洗い出します。


2.スケジュールに落とす

GCodeではご依頼があると工数の見積りをお客様にお伝えしておりますが、この見積の際にスケジュールも同時に立てております。

タスクの全ての作業を同時に進行することはできませんが、要件の整理と仕様を決めた後、デザインと環境構築を同時に行う、その後APIとフロント開発を同時に行うというようなスケジュールを立てています。

また、検収テスト(UAT)も余裕をもってスケジュールに含めます。

 

最低限おさえるところ

1.スコープ

スコープとは請け負う範囲のことです。特に最低限の時間、予算でプロジェクトを進める場合には、やる範囲をはっきり決めておかなければなりません。

基本的には見積をお渡しして、発注を頂いた後からは仕様の変更や機能追加は別途料金を頂くことになります。

逆に言うと、発注の前までに見積に入っていないものは追加工数としていれる必要があるので、見積時点で見落としがないか、発注者の側では気を付ける必要があります。


2.タスク化とスケジュール

納期やマイルストーンの期日をきめて、依存しあう作業を可視化する作業を行います。

ウォーターフォールでの開発をするのが一般的で、ガントチャートを使いスケジュールを書き出します。


3.タスクのアサイ

必要な作業を担当者にアサインをします。

作業が進んでいるか適宜声掛けをして、スケジュールの遅れが出ないようにすることもPMの重要な役割です。


コミュケーションや管理ツール

GCodeで利用しているマネジメントのためのツールをご紹介します。


Redmine/Backlog

・タスクをアサインしてプロジェクト管理を行うサービスです。

 

Cacoo

・仕様をビジュアル化するためにCacooを利用しています。お客様とやり取りをしながらスコープで決められた範囲をイメージに落とし込みます。

 

Googleドライブ

・会議の議事録、お客様からの要望については、Googleドライブのドキュメントやスプレッドシートで整理をしていきます。

 

 

お客様とのコミュニケーションの重要性

ゴールはどこか、お客様が重視するポイントの理解も大事なことです。

お客様のリクエストで何が重要であるかによって重点的にリソースをかけることができます。

開発の終盤でイメージと異なり、実装のやり直しにならないように関係者とコミュニケーションをとりましょう。

 

 

アプリの企画をするためのポイント

 

f:id:gcode-offshore:20200628202327j:plain

 

GCode編集部です。

GCodeではアプリの開発前の企画段階よりお客様のお手伝いをしております。

アプリ開発に入る前にどのようなことを抑えておくかをまとめました。

 

企画で整理すべきこと

アプリ開発は最低でも数百万円からとなるため、投資に対してリターンが上回るか計画をしておくことが大事です。

考慮すべき出費と予想の収益を大まかに把握し、黒字化となる道筋ができたらアプリ化を考えてよいでしょう。

 

コンセプトの明確さ

課題解決や目的がはっきりしているかは、アプリやサービスを提供する上で大事なことになります。

ユーザーは何かの課題を解決する目的でサービスを利用します。

例えば、通勤の暇をつぶす目的でゲームアプリを利用したり、おしゃれ感覚を身に着ける目的でインスタグラムを利用していることでしょう。

目的がはっきりしないアプリではユーザーはダウンロードまで至りません。

コンセプトが何かであるか明確化したら、売れるものであるか検討するためにメインとなるターゲットやペルソナを設定することで、成功の確率が高まります。

 

 

ペルソナを設定する

ターゲットを決めたら、ペルソナを考えてみます。

ペルソナの気持ちになってサービスを客観的に利用をしたいものになっているかを想像しましょう。

ペルソナは具体的な年齢、職業、家族構成、性格、お金の使い道などを設定をしていきましょう。

ペルソナに近い人物が身近にいれば、実際にモックアプリを見せて感想をもらったり、どういう機能が欲しいかをヒアリングしましょう。

アプリの作りだけでなく、広告の対象としてもターゲティングを使い、一貫したサービスを意識しましょう。

 

 

イデアの成功・失敗

アプリにはサービス自体により収益を上げる方法や、広告で収益を上げる方法があります。

どのような方法で利益を上げるか、しっかりとビジネスモデルを組み立てましょう。

もともとあるサービスをアプリ化するのであれば、成功する確率は高いでしょう。

新たにサービスを立ち上げる場合であれば、まずはアプリの前に試験的にWEBサービスで初めてみることもよいでしょう。

良いアイデアであれば、小さい規模で始めても、また機能やデザインが物足りないものであっても収益の形はできあがるはずです。

 

 

マネタイズを考える

課金サービスとしてアプリをユーザーに利用してもらう場合は、サービスに対してユーザーがお金を払う割合を考えてみましょう。

例えば、ある基本無料サービスで、有料となるプレミアムサービスがあったとして、課金をしてくれる割合と、課金してくれる金額、サービスを利用し続ける期間を考える必要があります。

課金してくれる割合は10%、月額課金額は1000円程度、利用期間を半年としましょう。

上記を掛け合わせると1ユーザーあたり、収入として600円となるが、ユーザーを一人獲得するための費用(CPI)は通常500円程度かかります。

結果、1ユーザーあたり100円の利益にしかならず、10,000人のサービスでも年間1,000,000円の利益にしかなく、運営やサーバー代もかかるためにさらに利益は小さくなります。

しかし、これらをKPIとしてしっかり管理をすることできれば、黒字化を目指して修正していくことができます。

KPIをあらかじめ決めておくことが大事なのです。

 

 

GCodeではアプリ企画段階から無料でご相談を承ります。

個人ビジネスから企業向けシステムまでアプリ・システム開発を行っております。

▼株式会社GCode▼

https://www.gcode.jp/

 

 

 

 

ベトナムオフショア開発のメリット・デメリット

f:id:gcode-offshore:20200614172443j:plain


このたびGCode編集部によるブログを始めました。

初回は「ベトナムオフショア開発のメリット・デメリット」について考えていきます。

 

オフショア開発とは

オフショア開発とは、インド、中国、東南アジアなどの人件費の安い海外の国へシステム開発を委託することを指します。

プログラミング言語は世界共通であるために、システム開発においてプログラムの仕様さえ正しく伝われば、どこの国でも開発ができてしまいます。

オフショア開発は日本でも積極的に利用されていますが、日本の開発市場10兆円のうち、オフショア開発比率は約1%と言われており、まだまだシェアが伸びる分野と予想されています。

 

ベトナムオフショア開発のメリット

 

ベトナムオフショアはコストと技術のバランスが良い

インドや中国、東南アジアの国々では日本と比べると1/2から1/10と大きな人件費の格差があります。

オフショア開発を考える上でこの安いコストによるメリットが注目されます。

どこの国でもコストメリットが得られるかというと、そうではなくなってきています。

インドでは早くからオフショア開発として利用されてきたことから、ほとんどのプログラマーは英語を話せて技術を持っており、人件費は高騰しています。

中国も同様でコストが高く、利益を出しにくくなってきているようです。

東南アジアは前述の国と比較すると、コストは安くなっていますが、逆に人材が育っていないという問題もあります。

この技術力・コストメリットのバランスが取れている地域がベトナムであり、今オフショア開発でニーズが高まっています。

 

ベトナムでは優秀で真面目なエンジニアが多い

ベトナムでは、家族を大事に思う文化があります。そのために家族のために真面目に働くという国民性があります。

同じプロジェクトでチームとして結びつきが出てくると、仲間として認められ、進んで協力をしてくれます。

多くのオフショア開発では、開発の品質がよくないまま完成品を提出をしてくることがあります。ベトナムオフショア開発においては、チームとして団結し一緒に働く意識を持ってくれるので、細かいところまで気づき改善提案が出されてくることもあります。

また、ベトナムは若い若い層の人口が多く、競争の激しい中で学業を修めたり、技術の習得に積極的です。

そのためにトップの国立大学卒業生であれば、非常に優秀です。

 

ベトナムと日本との時差も大きなメリット

日本とベトナムの時差はわずか2時間です。インドとの時差になると3時間半になります。

この違いは大きく、プログラムの修正を依頼するときにはリアルタイムでコミュニケーションができ、緊急の修正でも対応することができます。

これがインドのオフショアであれば、午後にならないと対応をしてくれません。

 

日本流「ホウレンソウ」が定着している

ベトナムのオフショアには、多くの日本企業が進出していることから、すでに日本企業との働き方にも慣れていることが多いです。

日本の「ホウレンソウ」という言葉が伝わっていて、日本の開発において進捗報告を大事にすることを理解しています。

納期に間に合わせることの重要性や、不具合についても報告があがります。

仕様に間違いがあった場合でも、開発チームが早い段階で間違いを報告することで、リリース後の大きな不具合を防ぐことにもなります。

信頼関係を築き上げることで、大規模なプロジェクトでも上手くまわしていけます。

 

 

オフショアのデメリット

 

要件・仕様が正しく伝わっているか?

要件・仕様を開発チームに伝えるためには言葉の障壁はあるため、優秀なブリッジエンジニアが必要となります。

ブリッジエンジニアの理想としては、エンジニア経験があり、日本で仕事を長年してきたことがあるかなど、見ておく必要があります。

クライアント企業とは基本的にブリッジと窓口なり、日本語のコミュニケーション力・仕様の理解の両方の能力が要求されます。

プロジェクトの成否はブリッジエンジニアに因る部分が大きいので、しっかり見極めましょう。

※GCodeでは代表がブリッジエンジニアを担当しています。

 

コミュニケーションの問題は?

クライアント企業は直接開発者と会話をすることはなく、ブリッジエンジニアを通して指示が出されるので言語が通じない心配はほとんどありません。

オフショアプログラマが日本語を理解できないことで、例えばUIで日本語が使われていると誤字の状態で実装されることがあります。GCodeでは日本人スタッフも確認を行っておりますので、ご安心ください。

 

 

 

GCodeでは上記のデメリットを抑えたベトナムオフショア開発を承っております。

個人ビジネスから企業向けシステムまでアプリ・システム開発を行っております。

▼株式会社GCode▼

https://www.gcode.jp/